歯科医院経営コンサルティング

開業後の経営サポートもお任せください

大阪で歯科に特化した開業支援や開業後の経営サポートをしている、「ネクセンチュア林会計事務所」では、開業サポートだけではなく、その後も会計の枠を超えた経営相談も同時におこなうことで、開業後も安定した患者数を確保でき、スタッフ関係のトラブルが起こらないような医院づくりのお手伝いをしております。
当たり前の話ですが、開業はあくまでスタートラインに立つことであり、重要なのはその後の円滑な医院経営を通じて院長がご自身の夢を実現することです。
こちらでは、当事務所の開業後の経営コンサルティングについてご紹介します。私たちは、院長様と一緒に将来のビジョンも視野に入れた、戦略的運営のお手伝いをしていきます。

開業後も質の高いサポートをご提供

数字の詳細な分析だけでなく、様々な角度からサポート

当事務所は、年間20~30件もの歯科開業をサポートしているプロ集団です。税務署に提出する申告書の作成や損益計算などの業務だけではなく、経営コンサルティングまで対応。開業後も安定した経営ができるように、会計業務の枠を超え、戦略的にサポートを行います。

数字を見てコスト削減の指摘だけではありません

数字を見てコスト削減の指摘だけではありません

単なる数字だけの報告ではありません
一般の会計事務所は、会計・財務処理を行い、数字の報告を行うのが通常ですが、私達が行うのは歯科に特化した経営コンサルティングです。数字を多角的に分析し、問題点を洗い出します。原因を特定し、どう売り上げをあげ、どの経費を増減させ、予算ビジョンの達成に向けてどうするのかを、院長様と一緒に考え、コンサルテーションを行います。
多くのお客様のサポートを行っているので、標準値を把握しており、成功されている医院様と比較をしながらご提案します。

現状の患者様を把握し、売上や利益につながるための施策

現状の患者様を把握し、売上や利益につながるための施策

収入の分析として、初診、再診の分析が、まずあります。
初診については、新患の分析は来院経路を分析する必要がありますし、再初診はリコール率の管理が必要となります。それぞれの現状により、打つべき対策は当然にして異なります。再診については、キャンセル率、中断率や電話待ち患者さんの把握が必要になります。これらの現状をどう把握して、改善の必要があるのであれば、どう改善していくのか?というのがコンサルティングステップになります。
また、自費率の目標をどう設定し、目標に向かってどうしていくのか?というテーマもございます。

数字だけではありません。付加価値を与える様々な提案

数字だけではありません。付加価値を与える様々な提案

医院の質についても分析。患者様にアンケートを実施。医院のスタッフ・サービス、清潔度の質なども、患者様の目線にたって詳細にチェック。問題点を把握し、改善案をご提出致します。パンフレットや掲示物の見直しも行い、患者様の満足度向上を目指したご提案を行います。
また、スタッフの管理も大切です。適材適所で働きやすい環境なのか?更にスタッフを採用する必要性があるのか?また、人事評価などのコンサルティングや給与規定の設計コンサルティングも行います。

トップへ戻る